庭園と見間違うほどの

美しい「たけのこ畑」

私どもが栽培しております「京たけのこ」栽培は京都西山丘陵で古くから続く(古いところでは300年と云われています)栽培方法で「京都式軟化栽培方式」と言われています。
収穫時にたけのこを掘り上げた後の穴に肥料を入れる「穴肥え」作業からはじまり、収穫期が終わったら畑全体に小さな穴をたくさんあけて肥料を入れる「御礼肥え」。

収穫時に親竹として選定したたけのこが成長し竹になりかける瞬間に親竹をゆすって竹の先を落とす「芯止め」作業。
一年を通して畑に入り、草抜き、石取り、サバエ(地下茎から生える細い笹のようなもの)刈り作業を延々と続けます。

commitment-1.png

世話をす

一年をかけて

短い旬のために

commitment-2.png

commitment-3.png

そして秋の稲刈りの後、干した稲わらを畑全体に敷き詰める「敷き藁」作業。畑全体に藁を敷き詰めた後は細かく柔らかくした赤土を畑一面に優しく均一に薄くかけていく「土入れ(土持ち)」作業。この工程を毎年繰り返し行っております。ですのでたけのこ畑を歩くとお布団の上を歩いているように柔らかく、ふかふかとしています。敷き藁~土入れ作業を毎年行うことによって、柔らかい土の層が地中深くより積み重なり、地中のたけのこがストレス無く成長できるようになり、
また収穫時には地中のたけのこが成長すると地表に小さなひび割れができ、生産者はそのひび割れを見つけて地中のたけのこを掘り上げるのです。

京たけのこならではの

伝統技法「敷き藁・土もち」

commitment-4.png
commitment-5.png

届けるために

安心安全に食卓へ

京たけの子を

commitment-6.png
commitment-7.png

土から顔を出す前に掘り起こす「たけのこ掘り」

春、地表にできた髪の毛程の小さなひび割れが、地中のたけのこが成長したサインです。

生産者は、そのひび割れを見つけて印(しるし)をつけて行きます。

収穫方法は、早朝、印を目当てに、土の中のたけのこを、「ほり」と言われるこの地にしかない特別な道具でたけのこを傷をつけないよう丁寧に掘り上げます。

掘り上げられた「京たけのこ」は日光に当たっていない為、とても美しい白い姿をしています。

この「ひび割れ」を見つける作業も、地中のたけのこを傷つけること無く掘り上げる作業も熟練の技が必要とされます。

この収穫期に将来親竹となる最高級のたけのこを選定し、大事に育てていきます。

commitment-8.png
commitment-9.png

旬の味をいつでも

楽しめる製品づくり

「収穫期に掘りたてのたけのこを直ちに皮ごと茹で上げる」

全ての製品がこの工程から始まります。

茹でたてのたけのこを水槽で冷やし、春は「春筍ボイルたけのこ」のフレッシュパックや氷詰め。

通年の商品は「新鮮パック」「冷凍京のたけのこ」「水煮缶」「水煮パック」「佃煮」等を製造販売致しております。


おがわの
京たけのこ商品

おすすめ

【通常便】京の春筍・うま煮・佃煮8個セット

│京たけのこ佃煮│

【通常便】京の春筍・うま煮・佃煮8個セット

4,904 円(税込)


美味しく、柔らかい京都産たけのこと国産原料を一緒にまろやかに炊き上げた佃煮と薄味に炊き上げたお惣菜の詰合せです。

京たけのこ佃煮の一覧をみる

人気NO1

【通常便】竹の子ごはん2合炊き用3本セット

│竹の子ごはんの素│

【通常便】竹の子ごはん2合炊き用3本セット

2,970 円(税込)


京都産たけのこを使用した竹の子ごはんの素を化粧箱に入れ、梱包してお送りします。

竹の子ごはんの素の一覧をみる
【通常便】米サラダ油500g2本・こめ胚芽油500g3本セット

│こめ油│

【通常便】米サラダ油500g2本・こめ胚芽油500g3本セット

3,672 円(税込)


もらって喜ばれる国産こめ油の2種詰合せです。(米サラダ油・こめ胚芽油)

こめ油の一覧をみる
【冷凍便】 冷凍京たけのこ懐石 京 笋(たかうな)

│冷凍京たけのこ│

【冷凍便】 冷凍京たけのこ懐石 京 笋(たかうな)

10,800 円(税込)


伝統栽培で大切に育てられたたけのこを選りすぐりの食材とともに調理し、命芽吹く春の香りと食感を独自の特殊冷凍技術により封じ込めました。

冷凍京たけのこの一覧をみる